完全無料の六法全書
いっぱんじどうしゃどうこうぞうせつびきそく

一般自動車道構造設備規則

昭和28年運輸省・建設省令第1号
道路運送法第51条の規定に基き、一般自動車道構造設備規則を次のように定める。

第1章 総則

(用語の定義)
第1条 この省令において左に掲げる用語の意義は、道路運送法(昭和26年法律第183号。以下「法」という。)第2条に定めるものの外、それぞれ当該各号に定めるところによる。
 「設計車両幅」とは、一般自動車道を設計する場合においてその基礎とした自動車の幅をいう。
 「設計車両長」とは、一般自動車道を設計する場合においてその基礎とした自動車の前端から後車軸までの長さ(被けん引車をけん引している自動車にあっては、前端から第1被けん引車の最後車軸までの長さ)をいう。
 「設計速度」とは、一般自動車道を設計する場合においてその基礎とした自動車の最高速度をいう。
 「車道」とは、一般自動車道の自動車の走行に供する部分をいう。
 「車道基本幅員」とは、設計車両幅を有する自動車が設計速度で往復走行することができ、且つ、隣接する2車線の車道の幅員をいう。
 「中央分離帯」とは、車道を往復の方向別に分離するため、その中央部に設けられる地帯をいう。
 「視距」とは、車道の中心線(中央分離帯がある場合はその中心線)上1・4メートルの高さにおいて見とおすことができる位置までを中心線に沿って計った長さをいう。
 「停止視距」とは、設計速度で走行する自動車が、一般自動車道上にある障害物の直前で停止することができる視距をいう。
 「曲線部外側線半径」とは、一般自動車道の曲線半径(曲線部中心線の半径をいう。以下同じ。)に、その直線部の車道の幅員と中央分離帯の幅員との和の2分の1を加えた長さをいう。
(特別の基準)
第2条 一般自動車道と他の道路とが連絡する部分並びに国土交通大臣が次条の規定による設計車両幅及び設計速度によることができない事由があると認める一般自動車道の構造及び設備については、次章の規定にかかわらず、国土交通大臣が認める基準によることができる。

第2章 構造及び設備

(構造の級別)
第3条 一般自動車道の構造及び設備の技術上の基準は、左表の区分による級別ごとに定めるものとする。
級別乗用自動車乗合型自動車貨物自動車
設計車両幅(メートル)設計速度(キロメートル/時)設計車両幅(メートル)設計速度(キロメートル/時)
1級2.01002.570
2級2.0802.560
3級2.0702.550
4級2.0602.540
5級2.0402.525
(級別の併用)
第4条 一般自動車道は、2種類又は3種類の級別を用いることができる。この場合において、各級の区間は、自動車の走行に支障を及ぼす虞れがない距離でなければならない。
2 前項の場合においては、級別の異なる区間の間に、設計速度の相違を調整することができる長さを有する接続部分を設けなければならない。
(車道幅員)
第5条 車道基本幅員は、左表の通りとする。
級別1級2級3級4級5級
車道基本幅員(メートル)7.57.06.56.05.5
2 国土交通大臣が交通量が少いと認める5級の一般自動車道は、前項の規定にかかわらず、待避所を設けることにより、車道幅員を3メートルとすることができる。
(車線の追加)
第6条 1級から4級までの一般自動車道で推定される交通量が当該級別の車道基本幅員の交通容量をこえる場合にあっては、車線数は、往復の車線にそれぞれ1車線ずつ追加しなければならない。但し、国土交通大臣が往復の交通量が著しく異なると認める場合その他特別の事由があると認める場合には、3車線とすることができる。
(追加車線の幅員)
第7条 前条の規定により追加する車線の幅員は、左表の通りとする。
級別1級2級3級4級
追加車線の幅員(メートル)3.503.253.002.75
(車線境界線)
第8条 一般自動車道は、車線の境界を明示するために車線境界線を設けたものでなければならない。但し、水締マカダム、土砂安定工法等による砂利道にあっては、この限りでない。
(中央分離帯)
第9条 中央分離帯の幅員は、1メートル以上でなければならない。但し、都市内又は高架構造等の場合の中央分離帯であってやむを得ない事由があると認められるものにあっては、0・5メートル以上とすることができる。
(路肩)
第10条 一般自動車道は、その両側に左表の区分による幅員以上の路肩を設けたものでなければならない。但し、橋、トンネル等にあっては、この限りでない。
級別1級2級3級4級5級
路面幅員(メートル)1.01.00.50.50.5
(車道のほ装)
第11条 車道は、平滑にほ装したものでなければならない。但し、4級及び5級の一般自動車道にあっては、瀝青塗装道若しくは水締マカダムによる砂利道又は土砂安定工法等による砂利道とすることによりほ装を省略することができる。
(工作物等の強度)
第12条 一般自動車道の橋、トンネルその他の工作物並びにほ装、路盤、路床等の強度は、自動車が設計速度で安全に走行することができるものでなければならない。
(直線部の横断こうばい)
第13条 車道の直線部の路面は、左表の区分による横断こうばいを付けたものでなければならない。
路面の種類横断こうばい(パーセント)
砂利道3~5
瀝青塗装道2.5~4
瀝青マカダム道2.5~4
瀝青コンクリート道2~2.5
かいほ装道2~2.5
コンクリートほ装道1.5~2
シートアスファルト道1.5~2
(縦断こうばい)
第14条 車道の縦断こうばいは、左表の区分によるこうばい又はこれよりゆるやかなこうばいでなければならない。但し、地形上やむを得ない場合その他特別の事由があると認められる場合には、次位の級の縦断こうばいまでの範囲内のものとすることができる。
級別1級2級3級4級5級
縦断こうばい(パーセント)234610
(縦断曲線)
第15条 車道は、縦断こうばいが変化する箇所に、左表の区分による長さ以上の縦断曲線を設けたものでなければならない。
級別1級2級3級4級5級
こうばいの代数差(パーセント)
0.5~37050352510
3~410060503515
4~513080654520
5~6160100805525
6~81301007030
8~101309040
10~1215011050
12~1514060
15~2018080
備考 縦断曲線の長さの単位は、メートルとする。
2 車道は、前項の縦断曲線を設けることにより、第24条に規定する停止視距を有することができないこととなる場合は、前項の規定にかかわらず、その停止視距を有することとなる長さの縦断曲線を設けたものでなければならない。
(土工)
第16条 盛土及び切土の法こうばいは、崩壊する虞がないものでなければならない。
2 法尻は、水流により洗堀される虞がある箇所に適当な土留設備を設け、法面は、雨水、ゆう水又は凍結等により崩壊する虞あるが箇所に法面保護設備を設ける等予想される原因に対してこれらを保護するための設備を設けたものでなければならない。
(待避所)
第17条 第5条第2項の規定による待避所の構造は、左の各号に掲げる基準に適合するものでなければならない。
 待避所間の道路が原則として相互の待避所から見とおすことができること。
 設計車両幅及び設計車両長を有する自動車を2両以上収容することができるものであること。
 待避所の路面は、原則として車道の路面と同じ種類のものであること。
 縦断こうばいは3パーセントより、車道と接する部分のこうばいは10パーセントよりゆるやかなものであること。
2 待避所相互間の距離は、300メートルをこえてはならない。
(曲線半径)
第18条 曲線半径は、左表の区分によるもの又はこれより大きいものでなければならない。但し、地形上やむを得ない箇所その他特別の事由があると認められる箇所における曲線半径は、1級及び2級のものについてはそれぞれ3級及び4級の曲線半径まで、3級及び4級のものについては50メートルの曲線半径まで、5級のものについては15メートルの曲線半径まで小さくすることができる。
級別1級2級3級4級5級
曲線半径(メートル)45030020015075
(曲線長)
第19条 一般自動車道の曲線部中心線の長さ(次条の緩和区間が緩和曲線によるものである場合は、円曲線の長さに緩和曲線の長さを加えたものをいい、その他の場合は、円曲線の長さをいう。)は、左表の区分によるもの又はこれより大きいものでなければならない。
級別1級2級3級4級5級
曲線長
(メートル)
交角7度以上の場合16013012010070
交角7度以下の場合335−
25θ
305−
25θ
295−
25θ
240−
20θ
210−
20θ
備考 θは、交角を度であらわした場合の数値
(緩和区間)
第20条 一般自動車道は、円曲線部と直線部との間に左表の区分による長さ以上の緩和区間を設けたものでなければならない。
級別曲線半径(メートル)
1級450~480480~550550~700
2級300~350350~450
3級200~230230~280280~350
4級150~180180~250
5級75~8585~110
緩和区間の長さ
(メートル)
80706050403020
2 第18条但書の規定による曲線半径とした場合における緩和区間の長さは、前項の規定にかかわらず、1級及び2級のものにあってはそれぞれ同項の3級及び4級のものの緩和区間の長さとし、3級、4級及び5級のものにあっては、左表の区分による長さとする。
曲線半径(メートル)200~150150~110110~7575~4040~3030~2020~15
緩和区間の長さ(メートル)60504030252015
3 前2項の規定による緩和区間の長さが、第22条の規定によるすりつけ高に応じたすりつけの長さより小さいこととなるときは、前2項の規定にかかわらず当該緩和区間の長さは、そのすりつけの長さに一致させなければならない。
(曲線部の横断こうばい)
第21条 一般自動車道の曲線部は、左表の区分による片こうばいをつけたものでなければならない。この場合において、片こうばいの数値が、第13条の規定による横断こうばいの数値より小さいこととなるときは、これと等しいものとしなければならない。
級別曲線半径(メートル)
1級450~
500
500~
600
600~
700
700~
900
900~
1200
1200~
1600
1600以上
2級300~
350
350~
400
400~
450
450~
550
550~
700
700~
1000
1000以上
3級200~
250
250~
300
300~
350
350~
450
450~
550
550~
800
800以上
4級150~
200
200~
220
220~
250
250~
300
300~
400
400~
600
600以上
5級15~
70
70~
80
80~
100
100~
130
130~
170
170~
250
250以上
片こうばい(パーセント)8765432
(曲線部の横断こうばいのすりつけ)
第22条 一般自動車道の円曲線部と直線部との横断こうばいのすりつけ高は、左表の区分によるもの又はこれより小さいものでなければならない。
級別1級2級3級4級5級
車道の外側線10メートルに対するすりつけ高(センチメートル)578914
(曲線部の車線の幅員)
第23条 一般自動車道の曲線部の車線の幅員は、直線部の車線の幅員に左表の区分による拡大幅員を加えたものでなければならない。

計 車
両 長
( メ
ー ト
ル )
車線
線 部
外 側
線 半
径 (
メ ー
トル
~2020~2525~3030~4040~6060~100100~200200~300300~500
11以上1180140120958555301510
22201701301009055351510
310060351510
411065351510
7以上115012095806545251510
2180135105857545251510
38050251510
49050301510
4.5以上160454035302010
275554035302010
3352010
4352010
備考
1 第1車線とは、最外側車線をいい、以下内側に向い順次に第2車線、第3車線及び第4車線とする。
2 拡大幅員の単位は、センチメートルとする。
2 前項の拡大幅員は、曲線部の内側に加え、その直線部幅員とのすりつけは緩和区間全長を基準にして行うものとする。
(停止視距)
第24条 一般自動車道は、左表の区分による停止視距を有しなければならない。但し、地形上やむを得ない箇所その他特別の事由があると認められる箇所における停止視距は、1級から4級までのものにあってはそれぞれ次位の級のものの停止視距まで、5級のものにあっては砂利道の場合に限り45メートルの停止視距まで小さくすることができる。
級別1級2級3級4級5級
停止視距(メートル)ほ装道及び瀝青塗装道の場合200120906030
砂利道の場合18090
1車線の場合65
(建築限界)
第25条 一般自動車道の建築限界は、甲図に示すところによらなければならない。但し、地形上やむを得ない場合その他特別の事由があると認められる場合は、乙図に示すところによることができる。
(路端の高さ)
第26条 一般自動車道の路端の高さは、一般自動車道に近接する水流及び水面の平水位に60センチメートルを、最高水位に30センチメートルを加えたもの又はこれより高いものでなければならない。
(交さ点)
第27条 第30条に規定する設備を設けて他の道路と平面交さをする場合の一般自動車道の構造は、左の各号に適合するものでなければならない。
 交角は、45度又はこれより大であること。
 一般自動車道の交さ点から30メートルまでの区間は、直線であって、且つ、そのこうばいは、2・5パーセント又はこれよりゆるやかであること。
 交さ点における道路の縁端から7・5メートルの地点において、一般自動車道にあっては交さ点から150メートルまでの他の道路上が、他の道路にあっては交さ点から左表の区分による距離までの車道上がそれぞれ見とおせること。但し、5級の一般自動車道と交さする他の道路が町村道、林道等であって交通量の少いときは、交さ点における道路の縁端から2・5メートルの地点において、一般自動車道にあっては交さ点から70メートルまでの他の道路上が、他の道路にあっては交さ点から80メートルまでの車道上がそれぞれ見とおせること。
級別1級2級3級4級5級
見とおし距離(メートル)250200180150100
(鉄道又は軌道との交さ)
第28条 第30条に規定する設備を設けて鉄道又は軌道と平面交さをする場合の一般自動車道の構造は、左の各号に適合するものでなければならない。
 交角は、45度又はこれより大であること。
 一般自動車道の踏切から30メートルまでの区間は、直線であって、且つ、そのこうばいは、2・5パーセント又はこれよりゆるやかであること。
 1級から4級までのものにあっては、鉄道又は軌道の最縁端軌条から15メートルの車道上において踏切の中心から左表の区分による距離までの線路上が見とおせること。
鉄道又は軌道の車両の最高速度(キロメートル/時)50~7070~8080~9090~100
見とおし距離(メートル)210270320360
 5級のものにあっては、鉄道又は軌道の最縁端軌条から4・5メートルの車道上において、踏切の中心から左表の区分による距離までの線路上が見とおせること。
鉄道又は軌道の車両の最高速度(キロメートル/時)50~7070~8080~9090~100
見とおし距離
(メートル)
160200230260
 踏切は、その路面がほ装したものであり、且つ、幅員その他の構造は、踏切に接する一般自動車道の構造と同じものであること。
(駐車場又は停留所)
第29条 駐車場又は停留所は、予想される駐車両数又は停留車両数の自動車を収容することができる面積を有し、且つ、自動車が円滑に出入することができるものでなければならない。
(踏切設備)
第30条 法第51条第1項但書の省令で定める設備とは、鉄道又は軌道と交さする場合にあっては踏切しゃ断機、踏切警報機又はこれに類する保安設備をいい、他の道路と交さする場合にあっては信号機、信号灯又はこれに類する保安設備をいう。
(排水設備)
第31条 一般自動車道は、地形、気象状況等をしんしゃくして定めた構造の側溝横断排水管その他の排水設備を設けたものでなければならない。
(防護設備)
第32条 一般自動車道は、断がいその他自動車の走行上危険な箇所に、危険の防止に必要な構造の防護さくその他の防護設備を設けたものでなければならない。
(信号設備等)
第33条 一般自動車道は、原則として第27条及び第28条の平面交さをする場合における踏切及び交さ点並びに前条の防護設備を設ける箇所に、信号設備、照明設備等を設けたものでなければならない。
(通信設備)
第34条 一般自動車道の通信設備は、適当な距離ごとに設けられたものであり、且つ、事務所、駐車場その他必要な箇所と容易に通信ができるものでなければならない。

附則

1 この省令は、公布の日から施行する。
2 自動車道構造設備管理規程(昭和23年総理庁、運輸省令第3号)は、廃止する。
4 この省令施行の際現に存する一般自動車道であって、その構造及び設備が旧自動車道構造設備管理規程の規定に適合するものについては、当分の間、この省令の規定による構造及び設備についての技術上の規準に適合するものとみなす。
附則 (平成12年12月28日運輸省・建設省令第18号)
この省令は、平成13年1月6日から施行する。

現在の法令ページのURL

あなたのブログやホームページから現在の法令ページをリンクするためのHTMLタグ

はてなでシェアする

インターネット六法に掲載している法令データは、原則、官報その他政府提供データを基にしています。
※原則とは、現在有効ではない法令の場合は図書館等にて収集しております
データ内容の正確性については万全を期しておりますが、官報に掲載された内容と異なる場合はそちらが優先します。
インターネット六法.comの利用に伴って発生した不利益や問題について、当サイトの運営者は何らの責任を負いません。
掲載している法令等に誤植(ふりがな等)がありましたら、「お問い合わせ」よりお知らせください。ご協力お願いいたします。
インターネット六法が少しでもあなたの役に立てれば光栄です。これからもインターネット六法を宜しくお願いします。
※スマホやタブレットで左の画像を読み込むと現在の法令ページを読み込めます。