完全無料の六法全書
いっぱんざいだんほうじんにっぽんいぞくかいにたいするこくゆうざいさんのむしょうかしつけとうにかんするほうりつ

一般財団法人日本遺族会に対する国有財産の無償貸付け等に関する法律

昭和28年法律第200号

(遺族会に対する無償貸付け)
第1条 政府は、次条第2項の規定により同項の特定施設を取得した場合において、一般財団法人日本遺族会(昭和28年3月11日に財団法人日本遺族会という名称で設立された法人をいう。以下「遺族会」という。)が元の軍人軍属で公務により死亡した者の遺族の福祉を目的とする事業であって厚生労働大臣の指定するものの用に供するときは、遺族会に対し、当該特定施設を、他の法令の規定にかかわらず、無償で貸し付けることができる。
(民間事業者に対する土地の貸付け及びその土地の上の特定施設の取得)
第2条 政府は、民間事業者に対し、別表に掲げる土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の増進とに資する建物の所有を目的として当該土地を貸し付けることができる。
2 政府は、前条の規定による貸付けに充てるため、前項の規定による貸付けの対価の一部として、同項の土地の上の1棟の建物の一部(以下「特定施設」という。)を取得することができる。
(用途の制限)
第3条 遺族会は、第1条の規定により貸付けを受けた特定施設を同条に規定する事業以外の事業の用に供してはならない。
(監督)
第4条 第1条の規定により遺族会に対し特定施設が貸し付けられたときは、厚生労働大臣は、その貸付けの目的が有効に達せられることを確保するため、遺族会に対して、次に掲げる権限を有する。
 事業又は会計の状況に関し報告を徴すること。
 貸付けの目的に照らして、遺族会の予算が不適当であると認める場合において、その予算について必要な変更をなすべき旨を勧告すること。
 遺族会の役員が法令、法令に基づいてする行政庁の処分又は寄附行為に違反した場合において、その役員を解職すべき旨を勧告すること。
2 財務大臣は、遺族会が前条の規定に違反したとき、又は前項の規定による措置に従わなかったときは、厚生労働大臣の意見を聴き、第1条の規定による貸付けの契約を解除することができる。ただし、他の方法により監督の目的を達することができない場合に限る。
3 第1項第3号の規定により解職を勧告する場合においては厚生労働大臣、前項の規定により契約を解除する場合においては財務大臣は、それぞれ、解職しようとする役員又は遺族会に弁明する機会を与えなければならない。この場合においては、解職しようとする役員又は遺族会に対し、あらかじめ、書面をもって、弁明すべき日時、場所及びその処分をなすべき理由を通知しなければならない。

附則

この法律は、公布の日から施行する。
附則 (平成11年12月22日法律第160号) 抄
(施行期日)
第1条 この法律(第2条及び第3条を除く。)は、平成13年1月6日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。
 第995条(核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律の一部を改正する法律附則の改正規定に係る部分に限る。)、第1305条、第1306条、第1324条第2項、第1326条第2項及び第1344条の規定 公布の日
附則 (平成26年11月28日法律第132号)
(施行期日)
1 この法律は、公布の日から施行する。
(経過措置)
2 この法律の施行の際現に改正前の財団法人日本遺族会に対する国有財産の無償貸付に関する法律第1条の規定によりされている貸付けについては、同法の規定は、この法律の施行後も、改正後の一般財団法人日本遺族会に対する国有財産の無償貸付け等に関する法律第2条第1項の規定により同項の土地が貸し付けられる日の前日又はこの法律の施行の日から起算して1年を経過する日のいずれか早い日までの間、なおその効力を有する。
別表(第2条関係)
 東京都千代田区9段南1丁目5番1 所在
宅地 7871・70平方メートル
 東京都千代田区9段南1丁目5番6 所在
宅地 812・02平方メートル
 東京都千代田区9段南1丁目5番9 所在
宅地 28・87平方メートル
 東京都千代田区9段南1丁目5番10 所在
宅地 104・73平方メートル
 東京都千代田区9段南1丁目5番11 所在
宅地 38・62平方メートル


現在の法令ページのURL

あなたのブログやホームページから現在の法令ページをリンクするためのHTMLタグ

はてなでシェアする

インターネット六法に掲載している法令データは、原則、官報その他政府提供データを基にしています。
※原則とは、現在有効ではない法令の場合は図書館等にて収集しております
データ内容の正確性については万全を期しておりますが、官報に掲載された内容と異なる場合はそちらが優先します。
インターネット六法.comの利用に伴って発生した不利益や問題について、当サイトの運営者は何らの責任を負いません。
掲載している法令等に誤植(ふりがな等)がありましたら、「お問い合わせ」よりお知らせください。ご協力お願いいたします。
インターネット六法が少しでもあなたの役に立てれば光栄です。これからもインターネット六法を宜しくお願いします。
※スマホやタブレットで左の画像を読み込むと現在の法令ページを読み込めます。