完全無料の六法全書
こっかこうあんいいんかいかんけいけいさつとうがとりあつかうしたいのしいんまたはみもとのちょうさとうにかんするほうりつしこうきそく

国家公安委員会関係警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律施行規則

平成25年国家公安委員会規則第3号

警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律(平成24年法律第34号)第11条及び警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律施行令(平成25年政令第49号)第2条の規定に基づき、国家公安委員会関係警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律施行規則を次のように定める。
(記録書の作成)
第1条 警察署長は、次の各号のいずれかの措置をとったときは、当該措置の結果その他必要な事項を記載した記録書を作成しなければならない。
 警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律(以下「法」という。)第4条第2項の規定による調査
 法第5条第1項の規定による検査
 法第6条第1項の規定による解剖
 法第8条第1項の規定による身元を明らかにするための措置
 法第10条第1項又は第2項の規定による死体の引渡し
(簡易な器具)
第2条 警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律施行令第2条の国家公安委員会規則で定める簡易な器具は、体内から体液、尿その他の物を採取した場所において、単純な操作で速やかに同令第1条第3号に規定する薬物等を検出することができる器具とする。
(関係行政機関に対する通報事項)
第3条 法第9条の規定による通報は、次の各号に掲げる事項について行うものとする。
 死亡の日時及び場所(不明のときは、推定の日時及び場所)
 警察官が死体を発見し、若しくは発見した旨の通報を受け、又は警察署長が死体に関する法令に基づく届出を受けた日時
 法第4条第2項、第5条第1項又は第6条第1項の規定による措置の結果明らかになった死因
 通報する必要があると認めた理由
 その他参考となるべき事項
2 警察署長は、法第9条の規定による通報を行ったときは、通報記録書(別記様式)を作成しなければならない。

附則

この規則は、平成25年4月1日から施行する。
附則 (平成28年3月23日国家公安委員会規則第5号)
(施行期日)
1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。
(経過措置)
2 この規則による改正後の国家公安委員会関係警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律施行規則第3条第2項に規定する通報記録書の様式については、同規則別記様式の様式にかかわらず、当分の間、なお従前の例によることができる。
別記様式(第3条関係)
[画像]


現在の法令ページのURL

あなたのブログやホームページから現在の法令ページをリンクするためのHTMLタグ

はてなでシェアする

インターネット六法に掲載している法令データは、原則、官報その他政府提供データを基にしています。
※原則とは、現在有効ではない法令の場合は図書館等にて収集しております
データ内容の正確性については万全を期しておりますが、官報に掲載された内容と異なる場合はそちらが優先します。
インターネット六法.comの利用に伴って発生した不利益や問題について、当サイトの運営者は何らの責任を負いません。
掲載している法令等に誤植(ふりがな等)がありましたら、「お問い合わせ」よりお知らせください。ご協力お願いいたします。
インターネット六法が少しでもあなたの役に立てれば光栄です。これからもインターネット六法を宜しくお願いします。
※スマホやタブレットで左の画像を読み込むと現在の法令ページを読み込めます。