完全無料の六法全書
まえばらいしきしはらいしゅだんはっこうほしょうきんきそく

前払式支払手段発行保証金規則

平成22年内閣府・法務省令第4号

資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)の規定に基づき、前払式支払手段発行保証金規則を次のように定める。
(発行保証金の取戻し)
第1条 資金決済に関する法律(以下「法」という。)第14条第1項若しくは第2項又は第17条の規定により発行保証金(法第14条第3項に規定する債券(その権利の帰属が社債、株式等の振替に関する法律(平成13年法律第75号)の規定による振替口座簿の記載又は記録により定まるものとされる国債(以下「振替国債」という。)を含む。以下同じ。)を含む。以下同じ。)を供託した者又はその承継人が資金決済に関する法律施行令(平成22年政令第19号。以下「令」という。)第9条第1項又は第2項の規定により金融庁長官(令第28条第1項の規定により金融庁長官の権限が財務局長又は福岡財務支局長に委任されている場合にあっては、当該財務局長又は福岡財務支局長。以下同じ。)の承認を受けようとするときは、様式第1に従い、取戻しの事由及び取戻しをしようとする供託物の内容を記載した発行保証金取戻承認申請書を金融庁長官に提出しなければならない。
2 金融庁長官は、前項の承認をしたときは、様式第2により作成した発行保証金取戻承認書を同項の承認を求めた者に交付しなければならない。
3 前項の発行保証金取戻承認書の交付を受けた者は、発行保証金の取戻しをした場合には、遅滞なく、様式第3により作成した発行保証金取戻届出書を金融庁長官に提出しなければならない。この場合において、当該取戻しが内渡しであるときは、供託規則(昭和34年法務省令第2号)第49条第1項の規定により当該内渡しに係る供託金の額又は供託した債券の名称、枚数、総額面及び券面額(振替国債については、その銘柄及び金額)に関する事項につき証明された書類を当該届出書に添付しなければならない。
(供託物払渡請求書の添付書面)
第2条 法第18条の規定により発行保証金の取戻しをしようとする者が供託規則第25条第1項本文の規定により供託物払渡請求書に添付すべき書面は、前条第2項の規定により交付を受けた発行保証金取戻承認書をもって足りる。
(発行保証金の保管替え等)
第3条 金銭のみをもって発行保証金を供託している者は、当該発行保証金に係る前払式支払手段発行者(法第2条第1項に規定する前払式支払手段発行者をいう。以下同じ。)の主たる営業所又は事務所の所在地について変更があったためその最寄りの供託所に変更があったときは、遅滞なく、当該発行保証金を供託している供託所に対し、費用を予納して、所在地変更後の当該前払式支払手段発行者の主たる営業所又は事務所の最寄りの供託所への当該発行保証金の保管替えを請求しなければならない。
2 法第14条第3項に規定する債券又はその債券及び金銭をもって発行保証金を供託している前払式支払手段発行者は、主たる営業所又は事務所の所在地について変更があったためその最寄りの供託所に変更があったときは、遅滞なく、当該発行保証金と同額の発行保証金を所在地変更後の主たる営業所又は事務所の最寄りの供託所に供託しなければならない。
3 前払式支払手段発行者は、前項の規定による供託をしたときは、所在地変更前の主たる営業所又は事務所の最寄りの供託所に供託した発行保証金を取り戻すことができる。この場合において、供託規則第25条第1項本文の規定により供託物払渡請求書に添付すべき書面は、主たる営業所又は事務所の所在地の変更の事実を証する書面及び前項の規定による供託に係る供託書正本の写しをもって足りる。
4 第1項の保管替えを請求した者又は第2項の規定による供託をした前払式支払手段発行者は、遅滞なく、様式第4により作成した発行保証金保管替届出書に供託規則第21条の5第3項の規定により交付された供託書正本の写し又は第2項の規定による供託に係る供託書正本の写しを添えて、金融庁長官に提出しなければならない。
5 金融庁長官は、必要があると認めるときは、前項の供託書正本の提出を命ずることができる。
(発行保証金の差替え)
第4条 法第14条第1項又は第2項の規定により同条第3項に規定する債券を供託した者又はその承継人は、あらかじめ、当該債券に代わる発行保証金の供託をしたときは、金融庁長官に対し、当該債券の取戻しの承認を申請することができる。
2 前項の規定により承認の申請をしようとする者は、様式第5により作成した発行保証金取戻承認申請書に同項の発行保証金の供託に係る供託書正本の写しを添えて金融庁長官に提出しなければならない。
3 金融庁長官は、第1項の承認をしたときは、様式第6により作成した発行保証金取戻承認書を同項の承認を求めた者に交付しなければならない。
4 第2条の規定は、第1項の取戻しの手続について準用する。この場合において、同条中「前条第2項」とあるのは、「第4条第3項」と読み替えるものとする。
5 第3項の発行保証金取戻承認書の交付を受けた者は、債券の取戻しを行った場合には、遅滞なく、様式第7により作成した発行保証金取戻届出書を金融庁長官に提出しなければならない。
(権利の実行の申立ての手続)
第5条 令第11条第1項に規定する権利の実行の申立てをしようとする者は、様式第8により作成した申立書に当該申立てに係る前払式支払手段(法第3条第1項に規定する前払式支払手段をいう。以下同じ。)又は当該申出に係る権利を有することを証する書面を添えて、金融庁長官に提出しなければならない。
(債権の申出の手続)
第6条 法第31条第2項に規定する債権の申出をしようとする者は、様式第9により作成した申出書に当該申出に係る前払式支払手段又は当該申出に係る権利を有することを証する書面を添えて、金融庁長官に提出しなければならない。
(仮配当表)
第7条 令第11条第4項の規定による権利の調査のため、金融庁長官は、法第31条第2項の期間が経過した後、遅滞なく、仮配当表を作成し、これを公示し、かつ、当該権利の調査に係る前払式支払手段を発行した前払式支払手段発行者(当該前払式支払手段発行者が法第15条又は第16条第1項の契約を締結している場合にあっては、当該前払式支払手段発行者及び当該契約の相手方。次条及び第11条第1項において同じ。)に通知しなければならない。
2 金融庁長官は、前払式支払手段発行者の営業所又は事務所の所在地を確知できないときは、前項の規定による当該前払式支払手段発行者への通知をすることを要しない。
(意見聴取会)
第8条 令第11条第4項の規定による権利の調査の手続は、金融庁長官の指名する職員が議長として主宰する意見聴取会によって行う。
2 令第11条第1項の規定による申立てをした者、法第31条第2項の期間内に債権の申出をした者又は前払式支払手段発行者の代表者(以下「関係人」と総称する。)は、病気その他やむを得ない理由により意見聴取会に出席することができないときは、本人が署名押印した口述書を提出して、意見聴取会における陳述に代えることができる。
(参考人への出席要求)
第9条 議長は、必要があると認めるときは、学識経験のある者その他参考人に対し、意見聴取会への出席を求めることができる。
(議長の権限)
第10条 議長は、議事を整理するために必要があると認めるときは、意見の陳述又は証拠の提示その他必要な指示をすることができる。
2 議長は、意見聴取会の秩序を維持するために必要があると認めるときは、その秩序を乱し、又は不穏な言動をする者を退去させることができる。
(延期又は続行)
第11条 議長は、必要があると認めるときは、意見聴取会を延期し、又は続行することができる。この場合においては、議長は、次回の期日及び場所を定め、これを公示し、かつ、前払式支払手段発行者に通知しなければならない。
2 第7条第2項の規定は、前項の規定による通知について準用する。
(調書の作成)
第12条 議長は、意見聴取会について次に掲げる事項を記載した調書を作成し、これに署名押印しなければならない。
 意見聴取会の事案の表示
 意見聴取会の期日及び場所
 議長の職名及び氏名
 出席した関係人の氏名及び住所
 その他の出席者の氏名
 陳述された意見の要旨
 口述書が提出された場合にあっては、その旨及び口述書の要旨
 証拠が提示された場合にあっては、その旨及び証拠の標目
 その他議長が必要と認める事項
(調書の閲覧)
第13条 関係人は、前条の調書を閲覧することができる。
(配当の実施)
第14条 前払式支払手段発行者に係る発行保証金のうちに、当該前払式支払手段発行者と法第15条又は第16条第1項の契約を締結している者が法第17条の命令に基づき供託した発行保証金がある場合には、金融庁長官は、まず当該前払式支払手段発行者が供託した発行保証金につき配当を実施しなければならない。
(配当の手続等)
第15条 金融庁長官は、配当の実施のため、供託規則第27号書式から第28号の2書式までにより作成した支払委託書を供託所に送付するとともに、配当を受けるべき者に同規則第29号書式により作成した証明書を交付しなければならない。
2 金融庁長官は、前項の規定による配当の実施をしたときは、様式第10により作成した通知書に、支払委託書の写しを添付して、前払式支払手段発行者に交付しなければならない。ただし、前払式支払手段発行者の所在を確知できないときは、当該通知書の公示をもってこれに代えることができる。
3 法第14条第2項の規定の適用については、前項の通知書の到達の日(同項ただし書の規定により公示をする場合にあっては、当該公示の日)に法第31条第1項の権利の実行の手続が終了したものとする。
4 金融庁長官は、令第11条第9項に規定する費用の額につき発行保証金の還付を受けようとするときは、当該費用の額を記載した供託物払渡請求書2通を供託所に提出しなければならない。
(債券の換価)
第16条 金融庁長官は、令第11条第8項の規定により債券を換価するためその還付を受けようとするときは、供託物払渡請求書2通を供託所に提出しなければならない。
2 金融庁長官は、債券を換価したときは、換価代金から換価の費用を控除した額を、当該債券に代わる発行保証金として供託しなければならない。
3 前項の規定により供託された供託金は、第1項の規定により還付された債券を供託した前払式支払手段発行者が供託したものとみなす。
4 金融庁長官は、第2項の規定により供託したときは、その旨を前項に規定する前払式支払手段発行者に通知しなければならない。
(公示等)
第17条 法第31条第2項並びに令第11条第4項及び第5項の規定並びに第7条第1項、第11条第1項及び第15条第2項の規定による公示は、官報に掲載することによって行う。
(供託規則の適用)
第18条 この規則に定めるもののほか、発行保証金の供託及び払渡しについては、供託規則の手続による。
(標準処理期間)
第19条 金融庁長官は、令又はこの規則の規定による承認に関する申請がその事務所に到達してから20日以内に、当該申請に対する処分をするよう努めるものとする。
2 前項に規定する期間には、次に掲げる期間を含まないものとする。
 当該申請を補正するために要する期間
 当該申請をした者が当該申請の内容を変更するために要する期間
 当該申請をした者が当該申請に係る審査に必要と認められる資料を追加するために要する期間

附則

(施行期日)
第1条 この命令は、法の施行の日(平成22年4月1日)から施行する。
(前払式証票発行保証金規則の廃止)
第2条 前払式証票発行保証金規則(平成2年法務省・大蔵省令第1号)は廃止する。
附則 (平成29年3月23日内閣府・法務省令第1号)
この命令は、平成29年4月1日から施行する。
様式第1(第1条第1項)
[画像]
様式第2(第1条第2項)
[画像]
様式第3(第1条第3項)
[画像]
様式第4(第3条第4項)
[画像]
様式第5(第4条第2項)
[画像]
様式第6(第4条第3項)
[画像]
様式第7(第4条第5項)
[画像]
様式第8(第5条)
[画像]
様式第9(第6条)
[画像]
様式第10(第15条第2項)
[画像]


現在の法令ページのURL

あなたのブログやホームページから現在の法令ページをリンクするためのHTMLタグ

はてなでシェアする

インターネット六法に掲載している法令データは、原則、官報その他政府提供データを基にしています。
※原則とは、現在有効ではない法令の場合は図書館等にて収集しております
データ内容の正確性については万全を期しておりますが、官報に掲載された内容と異なる場合はそちらが優先します。
インターネット六法.comの利用に伴って発生した不利益や問題について、当サイトの運営者は何らの責任を負いません。
掲載している法令等に誤植(ふりがな等)がありましたら、「お問い合わせ」よりお知らせください。ご協力お願いいたします。
インターネット六法が少しでもあなたの役に立てれば光栄です。これからもインターネット六法を宜しくお願いします。
※スマホやタブレットで左の画像を読み込むと現在の法令ページを読み込めます。