完全無料の六法全書
ちゅうしょうきぎょうのものづくりきばんぎじゅつのこうどかにかんするほうりつしこうきそく

中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律施行規則

平成18年経済産業省令第77号

中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律(平成18年法律第33号)第4条第1項、第5条第1項及び第13条の規定に基づき、並びに同法を実施するため、中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律施行規則を次のように定める。
(特定研究開発等計画の認定の申請)
第1条 中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律(以下「法」という。)第4条第1項の規定により特定研究開発等計画に係る認定を受けようとする中小企業者は、その特定研究開発等の拠点となる施設を定め、様式第1による申請書1通を経済産業大臣に提出しなければならない。
2 前項の申請書には、次に掲げる書類を添付しなければならない。
 当該中小企業者(法人である場合に限る。)の定款
 当該中小企業者(法第2条第1項第8号に掲げる者にあっては、当該特定研究開発等計画に参加する全ての構成員)の最近2期間の事業報告、貸借対照表及び損益計算書(これらの書類がない場合にあっては、最近1年間の事業内容の概要を記載した書類)
3 法第4条第1項の代表者は、1名とする。
(特定研究開発等計画の変更に係る認定の申請)
第2条 法第5条第1項の規定により特定研究開発等計画の変更に係る認定を受けようとする中小企業者は、様式第2による申請書1通を経済産業大臣に提出しなければならない。
2 前項の申請書には、次に掲げる書類を添付しなければならない。
 当該特定研究開発等計画に従って行われる特定研究開発等の実施状況を記載した書類
 前条第2項各号に掲げる書類
3 前項の規定にかかわらず、前条第2項各号に掲げる書類に変更がないときは、申請書にその旨を記載して当該書類の添付を省略することができる。ただし、経済産業大臣は、特に必要があると認めるときは、当該書類の提出を命ずることができる。
(特許料軽減申請書の様式)
第3条 中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律施行令(平成18年政令第212号。以下「令」という。)第3条第1項の申請書は、一の申請ごとに様式第3により作成しなければならない。
(審査請求料軽減申請書の様式)
第4条 令第4条第1項の申請書は、一の申請ごとに様式第4により作成しなければならない。
(特許料軽減申請書等の添付書面の省略)
第5条 令第3条第1項又は第4条第1項の申請書(以下「特許料軽減申請書等」という。)に添付すべき書面を他の特許料軽減申請書等の提出に係る手続において既に特許庁長官に提出した者は、当該他の特許料軽減申請書等に添付した令第3条第1項に規定する申請に係る特許発明が認定計画に従って行われる特定研究開発等の成果に係る特許発明又は当該特許発明を実施するために認定計画に従って承継した特許権若しくは特許を受ける権利に係る特許発明であることを証する書面及び認定計画の写し並びに令第4条第1項に規定する申請に係る発明が認定計画に従って行われる特定研究開発等の成果に係る発明又は当該発明を実施するために認定計画に従って承継した特許を受ける権利に係る発明であることを証する書面及び認定計画の写しに変更がないときは、特許料軽減申請書等にその旨を記載して当該書面の添付を省略することができる。ただし、特許庁長官は、特に必要があると認めるときは、当該書面の提出を命ずることができる。
(特許料軽減申請書等の提出等)
第6条 法第9条第1項又は第2項に規定する中小企業者が特許料軽減申請書等を提出する場合には、提出者の住所若しくは居所又はその主たる営業所若しくは事務所の所在地を管轄する経済産業局長を経由して提出しなければならない。
2 前項の場合において、特許庁長官は、提出者が法第9条第1項又は第2項に規定する中小企業者であることを確認したときは、その提出者に経済産業局長を経由して確認書を交付するものとする。
(権限の委任)
第7条 法第4条第1項、第5条第1項及び第2項並びに第12条の規定による経済産業大臣の権限は、当該特定研究開発等計画の拠点となる施設の所在地を管轄する経済産業局長に委任されるものとする。ただし、経済産業大臣が自らその権限を行うことを妨げない。

附則

(施行期日)
第1条 この省令は、法の施行の日(平成18年6月13日)から施行する。
附則 (平成24年3月26日経済産業省令第17号)
この省令は、特許法等の一部を改正する法律の施行の日(平成24年4月1日)から施行する。
様式第1
様式第2
別表第3(第3条関係)
[画像]
別表第4(第4条関係)
[画像]


現在の法令ページのURL

あなたのブログやホームページから現在の法令ページをリンクするためのHTMLタグ

はてなでシェアする

インターネット六法に掲載している法令データは、原則、官報その他政府提供データを基にしています。
※原則とは、現在有効ではない法令の場合は図書館等にて収集しております
データ内容の正確性については万全を期しておりますが、官報に掲載された内容と異なる場合はそちらが優先します。
インターネット六法.comの利用に伴って発生した不利益や問題について、当サイトの運営者は何らの責任を負いません。
掲載している法令等に誤植(ふりがな等)がありましたら、「お問い合わせ」よりお知らせください。ご協力お願いいたします。
インターネット六法が少しでもあなたの役に立てれば光栄です。これからもインターネット六法を宜しくお願いします。
※スマホやタブレットで左の画像を読み込むと現在の法令ページを読み込めます。