完全無料の六法全書
ちゅうしょうきぎょうしんようほけんほうだい5じょうおよびだい8じょうのかいしゅういたくひようのさんしゅつほうほうにかんするしょうれい

中小企業信用保険法第5条及び第8条の回収委託費用の算出方法に関する省令

平成13年経済産業省令第132号

中小企業信用保険法及び中小企業総合事業団法の一部を改正する法律(平成12年法律第136号)の施行に伴い、並びに中小企業信用保険法(昭和25年法律第264号)第5条第2号及び第8条第2号の規定に基づき、中小企業信用保険法第5条及び第8条の回収委託費用の算出方法に関する省令を次のように定める。
中小企業信用保険法(以下「法」という。)第5条及び第8条に規定する回収委託費用は、法第12条に規定する経営安定関連保証に係る求償権を行使して取得した額(信用保証協会が借入金に係る債務のほか利息についても弁済をした場合は、求償権を行使して取得した額に、弁済をした借入金又は社債に係る債務の額の総弁済額に対する割合を乗じて得た額。)(以下「特定回収額」という。)の合計額が次のいずれかに掲げる額(以下「基準回収額」という。)を超える場合において、特定回収額の合計額から基準回収額を控除した残額に、100分の10を乗じて得た額(既に回収委託費用が控除されている場合にあっては、特定回収額の合計額から基準回収額を控除した残額に100分の10を乗じて得た額から既に控除された回収委託費用に相当する額を控除した額)とする。ただし、当該求償権を行使するために債権回収会社に支払われた委託手数料の額を超えないものとする。
 別表の上欄に掲げる期間にそれぞれ同表の下欄に掲げる規定に該当することについての認定を受けた者に係る当該認定に係る保証(当該保証に係る債務を弁済することのみを目的としてその弁済額の範囲内においてなされた経営安定関連保証(以下「特定借換保証」という。)を含む。この場合において、特定借換保証に係る債務を弁済することのみを目的としてその弁済額の範囲内においてなされた経営安定関連保証は、特定借換保証とみなす。)に係る求償権を行使して取得した場合にあっては、当該求償権の額の100分の1に相当する額
 前号以外の場合にあっては、当該求償権の額の100分の100に相当する額

附則

(施行期日)
1 この省令は、公布の日から施行する。
(検討)
2 この省令の施行後平成17年3月31日までの間に、財務省の意見を聴いて、この省令に規定する費用の算出方法について検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。
附則 (平成15年2月6日経済産業省令第11号)
(施行期日)
第1条 この省令は、平成15年2月10日から施行する。
(経過措置)
第2条 この省令の施行前に成立している保険関係については、なお従前の例による。
別表
期間規定
平成10年10月1日から同年10月31日までの間法第2条第3項第2号の規定
平成10年11月1日から平成13年3月31日までの間法第2条第3項第6号及び第7号の規定


現在の法令ページのURL

あなたのブログやホームページから現在の法令ページをリンクするためのHTMLタグ

はてなでシェアする

インターネット六法に掲載している法令データは、原則、官報その他政府提供データを基にしています。
※原則とは、現在有効ではない法令の場合は図書館等にて収集しております
データ内容の正確性については万全を期しておりますが、官報に掲載された内容と異なる場合はそちらが優先します。
インターネット六法.comの利用に伴って発生した不利益や問題について、当サイトの運営者は何らの責任を負いません。
掲載している法令等に誤植(ふりがな等)がありましたら、「お問い合わせ」よりお知らせください。ご協力お願いいたします。
インターネット六法が少しでもあなたの役に立てれば光栄です。これからもインターネット六法を宜しくお願いします。
※スマホやタブレットで左の画像を読み込むと現在の法令ページを読み込めます。