六法とは

六法とは、本来的には日本における主要な6つの法典「日本国憲法」「民法」「商法」「刑法」「民事訴訟法」「刑事訴訟法」を指します。また、上記の6つの法典に対応する6つの法分野という意味合いでも下記のように使用されます。

  • 憲法(内閣法など)
  • 民法(不動産登記法、借地借家法、戸籍法など)
  • 商法(会社法、保険法、手形法、小切手法など)
  • 刑法(軽犯罪法、道路交通法、覚せい剤取締法、麻薬及び向精神薬取締法、爆発物取締罰則など)
  • 民事訴訟法(民事執行法、民事保全法、仲裁法、非訟事件手続法など)
  • 刑事訴訟法(刑事訴訟規則など)

さらに、6つの法典との意味から転じて、これらの6つの法典を中心として主要な法令を収録した書籍等を「六法全書」と呼び、これを略して「六法」と呼びます。

また、本来の意味から離れて、特定分野において主要な法令を収録したものをその分野に合わせた六法の名称で呼ばれる場合があります(「福祉六法」や「行政書士六法」など)。この場合は、“六”という数に意味があるわけではなく、主要法令集という意味でこの語が使われています。