海底電信線保護万国連合条約ノ説明書

かいていでんしんせんほごばんこくれんごうじょうやくのせつめいしょ
明治20年12月22日勅令
1884年3月14日ノ海底電信線保護万国連合条約ニ調印セシ各政府ヨリ出セル下名ノ全権委員ハ該条約第2条及第4条ノ意義ヲ明確ニスルヲ便宜ナリト認メタルニ依リ同意ノ上説明書ヲ決定セリ

1884年3月14日ノ条約第2条中ニ記入セル「故意」ト云ヘル文字ノ意義ニ疑惑ヲ生シタルニ依リ右箇条中刑事上ノ責任ニ付テノ規定ハ海底電線ノ切断又ハ破損ヲ予防スル為メ精々注意ヲ加フルト雖モ其修繕ノ際不慮ノ事ニ依リ或ハ已ムヲ得スシテ他ノ海底電信線ヲ切断又ハ破損セシメタルトキニハ之ヲ適施セサルモノト約定ス
 又該条約第4条ハ海底電信線ノ所有者其海底電信線ヲ布設シ又ハ修繕スルノ際他ノ海底電信線ヲ切断又ハ破損セシメタルトキ各国ノ相当裁判所ヲシテ其法律ト事件ノ情状トニ従ヒ民事上責任ノ有無ヲ判定セシメ果シテ其責任アルコトヲ認定シタル上ハ其責任ノ結果ヲ決定セシムルコトノ外他ノ目的ヲ有セサリシコト且他ノ効力ヲ有ス可ラサルコトヲ約定ス
1886年12月1日各国全権委員巴里ニ於テ調印ス日耳曼全権委員ハ1887年3月13日同所ニ於テ調印ス

 日本全権委員 原敬 手記調印 日耳曼全権委員 ミユンストル 同 亜爾惹丁全権委員 ジヨゼ、セー、パツ 同 墺地利洪牙利全権委員 ゴルコウスキ 同 白耳義全権委員 ベイヤン 同 伯西爾全権委員 アリノス 同 哥斯太利加全権委員 エル、フェルナンデ 同 丁抹全権委員 モルトケ、ウヰトフェルド 同 度美尼哥全権委員 エマニュエル、ド、アルメダ 同 西班牙全権委員 ジー、エル、アルバレダ 同 北米合衆国全権委員 マク、レーヌ 同 法蘭西全権委員 セー、ド、フレシネ 同大不列顛全権委員
 ライオンス 同 牙徳麻刺全権委員 クリザント、メヂナ 同 希臘全権委員 デリアンニ 同 伊太利全権委員 メナブレア 同 和蘭全権委員 ア、ド、スツエルス 同 葡萄牙全権委員 コント、ド、ウアルボン 同 羅馬尼全権委員 ウエー、アレクサンドリ 同 露西亜全権委員 ロツエブニ 同 薩爾波度全権委員 ペクトル 同 懾兒比亜全権委員 マリノウヰッチ 同 瑞典諾威全権委員 レウエンハウト 同 土耳其全権委員 エッサド 同 鳥拉芸全権委員 ジュアン、ジー、ヂアヅ 同

現在の法令ページのURL 下記の文字列をコピーする前に誤って消してしまった場合は、もう一度この法令ページを読み込むことで再度表示することができます。

あなたのブログやホームページから現在の法令ページをリンクするためのHTMLタグ 現在ページの法令をご自身のブログやホームページにリンクを張りたいときは、下記の文字列を全てコピーして貼り付けてください。
また、リンクを張る際に見栄えを良くするために「条文名」や「powered by インターネット六法」は変更及び削除していただいてもかまいません。


条文キーワードタグ:, ,
法令カテゴリ:勅令
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket

 インターネット六法に掲載している法令データは、原則、政府提供データを基にしています。
  ※原則とは、現在有効ではない法令の場合は図書館等から収集しております
 データ内容の正確性については万全を期しておりますが、官報等政府公式に掲載された内容と異なる場合はそちらが優先します。
 インターネット六法.comの利用に伴って発生した不利益や問題について、当サイトの運営者は何らの責任を負いません。
 掲載している法令等に誤植(ふりがな等)がありましたら、「お問い合わせ」よりお知らせください。ご協力お願いいたします。
 インターネット六法が少しでもあなたの役に立てれば光栄です。これからもインターネット六法を宜しくお願いします。
※スマホで左の画像を読み込むと現在の法令ページを読み込めます。
   第